決算分析③2654アスモ 第3四半期

※投資歴1年の素人が書いたものです。正当性を保証するものではないので、ご注意ください。最終的な判断は自己責任でお願いします。

[pz url=”https://www.asmo1.co.jp/wp-content/uploads/sites/6/2021/02/2021%E5%B9%B43%E6%9C%88%E6%9C%9F-%E7%AC%AC3%E5%9B%9B%E5%8D%8A%E6%9C%9F%E6%B1%BA%E7%AE%97%E7%9F%AD%E4%BF%A1%E3%80%94%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9F%BA%E6%BA%96%E3%80%95.pdf”]

「アスモ」2021年3月期 第3四半期決算短信

売上高140億(前期比△5.4%) 、営業利益6億(前期比△31%) 、経常利益7億(前期比△27%) 、純利益4億(前期比△24%) 

やはり、介護事業、食肉事業は厳しいのでしょうか。第2四半期に続き、業績は下がり続けています。連結業績予想も、芳しくありません。

売上高はそこまで落ちていないようですが、経費などで営業利益以下が押し下げているようです。

決算短信には、「今後におきましては、終息に向かうであろうコロナ過を見据え、、各事業部門が引き続き強い使命感を持って事業に従事していくことで(略)」と、コロナの影響が終わることを前提に、グループ事業を成長させていくと記載されています。

業績予想も、まだこの業績悪化が続くとされています。

入居者数も、前年同四半期末の2,105名から2,048名と、57名減っており、有料老人ホームのほうも12人減りました。

これにより当第3四半期連結会計期間末現在、訪問介護事業所37事業所(前年同四半期末は36事業所)、居宅介護支援事業所12事業所(前年同四半期末は12事業所)となり、支援させていただいておりますご利用者様は2,048名(前年同四半期末は2,105名)となりました。また、有料老人ホーム6施設(前年同四半期末は6施設)のご入居者様は330名(前年同四半期末は342名)となりました。

「現金及び預金」は7%の増加、「支払手形及び買掛金」は47%の増加となっています。

将来の見通し

  • 売上高の増加
  • 売上高営業利益率の改善

に加え、会社全体の成長をさせていくそうです。